080-8478-2965

E-MAIL : sanpohappy@gmail.com

<電話受付時間>

月~土曜日 9:00~18:00

<サービス提供時間>

月~金曜日 10:00~22:30

土曜日 10:00~17:20

私の履歴書

私の履歴書(10)~頭に浮かんだ素朴な問い~

更新日:

 特別養護老人ホームの立ち上げの仕事を行うようになった頃、仕事で疲れたりした時に、胸が重い感じがしたり、チクチクとするようになりました。

 何せ、当時は昼も夜も忙しく動いていたので、疲れでもたまっているのかな・・・と、初めのうちは気にしていませんでした。

 ただ、その頻度が多くなってきたこともあって、念のために、近くにある循環器内科を受診することにしました。

 診てくれた先生は、穏やかで優しそうな男の年配の先生だったのですが、一通り検査をした後に、心電図を見ながら「これはよくないね~」と漏らしました。

 先生の話によると、心電図の波形に異常が見られ、エコーでも心臓の内部に傷があるため、過去に小さな心臓発作を起こした可能性があるとのこと。

 今の状態でほぼ診断がつくが、今後の治療のこと等を考えると、一度大きな病院に入院して心臓のカテーテル検査を受けるようにと言われてしまったのです。

 まさか、そんな大ごとになるとは思っておらず、その日は検査の予約をして帰宅。2週間後に入院をして検査を受けることになりました。

 それまで、身体に関して大きな病気にかかったこともなく、ましてや心臓が悪いなんて思ってもみなかったため、まさに「青天の霹靂」という感じでした。

 2週間後、大きな病院に入院して検査を受けたのですが、注射を打つ時でも目をつぶってしまうくらい怖がりということもあり、手術室みたいな検査室でカテーテルを入れられる時には、本当に生きた心地がしませんでした。

 その検査の結果、心臓の冠動脈の痙攣が起きて、狭心症の発作が起きるという「冠れん縮性狭心症」という診断で、外科的な手術とかではなく、内服薬を続けることで発作を防ぐようにしましょうと言われました。

 この疾患の原因ははっきりしないのですが、タバコやストレスなど色々な要因があるとのことで、先生からはとにかく無理をしないというのが大切なことだとアドバイスをいただきました。

 この検査を受けてから数年が経ちますが、主治医の先生のお力もあり(後から分かったのですが、実は循環器内科の分野では、日本で有数のエキスパートの先生でした)幸いに大きな発作が出ることもなく生活をすることができています。

 また、特に寒い時期は発作が出やすいということで、発作時の内服薬(ニトログリセリン)も、常に身から離さずに生活していますが、今までほとんど使ったことはありません。

 今回、たまたま身体に少しの異常を感じて、病気が判明したからよかったのですが、そのまま気付かずにいて、突然死をするケースもよくあるとのことで、そんな話を聞くと、本当に不幸中の幸いだったと思います。

 この病気をきっかけにして、私の頭の中で「ある素朴な問い」が浮かぶようになりました。

 それは「今までの生き方や働き方を変えた方がいいのではないか・・・いや、変えなければまずいのではないか」ということです。

 社会人になってから、昼も夜もなく、ただただ必死になって、仕事と学びに取り組んできました。

 そんな生き方について、全く後悔はしていませんが、病気になったのは、そんな生き方を続けた結果なのかな・・・とも思いましたし、矯正施設を退職した時に感じた「生きづらさ」と、そんな生き方は、関連しているようにも感じられました。

 では、これから先、どんな生き方をしていったらよいのか・・・。

 簡単には答えが出ない問いは、自分の心の中で日々大きく膨らんでいきました。

西三河のお悩み・心配ごとのご相談は「カウンセリングとソーシャルワークのさんぽ幸せ研究所」

安城市、刈谷市、岡崎市、豊田市、知立市、碧南市、高浜市、西尾市へはご訪問も可能です。

-私の履歴書

Copyright© カウンセリングとソーシャルワークのさんぽ幸せ研究所 , 2020 AllRights Reserved.