080-8478-2965

E-MAIL : sanpohappy@gmail.com

<電話受付時間>

月~土曜日 9:00~18:00

<サービス提供時間>

月~金曜日 10:00~22:30

土曜日 10:00~17:20

対人援助のお仕事 美味しいひととき

「にんじんカフェ」に行ってきました。

更新日:

こんにちは。愛知県安城市にある「カウンセリングとソーシャルワークのさんぽ幸せ研究所」の原田亘です。

今日は北名古屋市にある「にんじんカフェ」にお伺いさせていただきました。

こちらは、株式会社みんなの福祉村の大林俊之さんが、別法人を立ち上げて4月から開設したおしゃれなカフェなんです。

早速ランチメニューの「自家製ケチャップのオムライス」を注文。

オムライスの卵はフワフワですし、付け合わせの焼き野菜のカボチャもホクホク。

そして、オムライスの上にかけてある自家製ケチャップが、目が覚めるような鮮やかな酸味で・・・これはおいしいです。

カニクリームコロッケもハンバーグも味見をさせていただきましたが、一つひとつ手作りで準備されているとのことで、どれも正統派の洋食のおいしさにあふれています。

ランチをいただいた後は、新しく開設されたグループホームを見学しつつ、大林さんと色々なお話をさせていただきました。

この「にんじんカフェ」は、利用者さんの就労に向けた思いや声を大切にした結果、就労継続支援事業の枠組みではなく、一般のカフェ&施設外就労+障がい者雇用というビジネスモデルで運営されているとのこと。

障害者福祉制度の中の事業においては、定番のビジネスモデルがありますし、最近のトピックとしては「工賃の向上」「運営の効率化」といった内容を目にすることが多かったりします。

もちろん、それらの視点も大切なのですが、あえてそこにとらわれずに、利用者さんの思いや声を始点として、新たなビジネスモデルで運営にチャレンジされていることこそが、実はとても価値があることではないかと、私は考えています。

「利用者中心」とか「利用者のために」という言葉は、とても耳障りはよいのですが、それを実際に行動にしたり、継続していくためには熱い想いとエネルギーが必要だと思います。

その点で、常に利用者さんの思いや声を始点として、実践を続けていらっしゃる大林さんのお話は、色々と学ばせていただくことが多く、私自身にとっても大きな励みとなりました。

おいしいランチと大林さんのお話に元気をいただいて、夕方からは訪問支援の現場へ・・・。

クライアントさんに心を込めて寄り添うことができるように、私も頑張りたいと思います。

素敵なご縁に感謝・感謝です。

みんなの福祉村のホームページ

https://minna-fukushi.co.jp/

-対人援助のお仕事, 美味しいひととき

Copyright© カウンセリングとソーシャルワークのさんぽ幸せ研究所 , 2022 AllRights Reserved.