080-8478-2965

E-MAIL : sanpohappy@gmail.com

<電話受付時間>

月~土曜日 9:00~18:00

<サービス提供時間>

月~金曜日 10:00~22:20

土曜日 10:00~17:20

暑い夏を乗り切ろう!三河かき氷コレクション

「茶々屋 南山園」のかき氷(安城市桜井町)

更新日:

 こんにちは。安城市にある「カウンセリングとソーシャルワークのさんぽ幸せ研究所」の腹ぺこカウンセラー、わたさんです。

 今日は、安城市桜井町にある「アピタ安城南店」の中にあるお茶屋さん「茶々屋 南山園」のかき氷を食べてきました。

 昼過ぎに伺ったのですが、アピタ安城南店の巨大な平面駐車場に車を停めて外に出ると、あまりの暑さと日差しの強さにめまいがしましたが、これだけ暑いとかき氷の食べがいがあるってものです。

 玄関を入ってしばらく歩き、1階の専門店街に「茶々屋 南山園」はありました。

 やはりお茶屋さんだけあって、抹茶を使ったメニューが多く、抹茶パフェなどにも目を奪われましたが、今日はかき氷と決めてきたため、ここは初志貫徹ということで「ほうじ氷」(900円)を注文。ほうじ茶のかき氷を食べるのは、40年以上生きてきて、今回がはじめてです。

 しばらくすると、お店の人が何もかかっていない氷とほうじ茶のシロップが入った器、そしてソフトクリームとあんこを盛った器をお盆に載せて持ってきました。お値段は高めですが、なかなかの豪華版かき氷です。

 たっぷりのほうじ茶のシロップをかけて食べてみると、氷の食感はザクザクとした粗野な舌触りですが、そのザクザク感がほうじ茶のシロップと絶妙にマッチングしておいしいです。

 途中、ちょっと味に飽きてきたころに、一緒に運ばれてきたソフトクリームとあんこに手を伸ばすと、また新たな気持ちで食べ進めることができ、よく考えられた取り合わせだなぁ・・・と妙に感心してしまいました。

 かなりのボリュームがあったため、食べ終わる頃には身体の芯まで冷えてきて、ちょっと寒いくらいでしたが、食べ終えた後には温かい玉露が出てきて、ホッと一息といった感じでした。

 初のほうじ茶のかき氷でしたが、オツで大人な味でした。ごちそうさまでした。

「茶々屋 南山園」

<住 所>愛知県安城市桜井町貝戸尻60 アピタ安城南店 1F

<TEL>0566-99-7227

<営業時間>10:00~21:30 不定休

<PR>

西三河のお悩み・心配ごとのご相談は「カウンセリングとソーシャルワークのさんぽ幸せ研究所」

安城市、刈谷市、岡崎市、豊田市、知立市、碧南市、高浜市、西尾市へはご訪問も可能です。

-暑い夏を乗り切ろう!三河かき氷コレクション

Copyright© カウンセリングとソーシャルワークのさんぽ幸せ研究所 , 2019 AllRights Reserved.